新しい工場誕生の灯火。

八戸の寒空に、高く高く吹き上がるという。

まだ誰も見たことがない炎。

-162℃の炎、私たちの目には何色に映るのだろうか。

 

八戸工場大学アートプロジェクト

with JX 日鉱日石エルエヌジー・サービス

「-162℃の炎を見よう」

 大きな2基のタンクとフレアスタック。2015年4月の稼動開始に向け、八戸の新しい海のシンボルLNG(液化天然ガス)ターミナルに、1月上旬、いよいよ、液化天然ガスを運び込む最初の外航船がやってきます。

 液化天然ガスは-162℃で気化しますが、その過程で発生する余剰ガスは、フレアスタックから炎として空に舞い上がります。

 今回、LNGターミナルに初めて現れる炎は、20~30メートル。実は、これほど高い炎が見られるのはこの時だけ。


 八戸工場大学では、LNGターミナルにあがる、最初で、かつもっとも大きなフレアスタックを見る最高のシチュエーションをセッティングします。


会期:2015年1月8日(木)~12日(月・祝)

    平日15:00-19:00 土日10:00-19:00 月10:00-14:00


会場:八戸港貿易センター3階、屋上特設会場(八戸市豊洲3-9)

 先着162名様には、記念品贈呈!

炎を楽しむイベント

アート作品「屋上タンク庭園」

炎を見るためのアート作品として、屋上にLNGターミナルのタンクになぞらえ「タンク庭園」が出現します。

作品制作:八戸工場大学美術部(飯田竜太、菊地拓児、齋藤亨、佐貫巧、田中一平)


カフェ「CAFE -162℃」


3Fには、「CAFE -162℃」をオープン。八戸工場大学特製のタンブラーに入れたコーヒーとフレアスタックをイメージしたスイーツをあわせて、心ゆくまで炎を眺めることができます。

炎を海から見る屋形船ツアー 申込み受付中!


屋形船「新井田丸」に乗って、LNGターミナルのすぐそばまで近づいてみよう!LNGターミナルのほか、三菱製紙、東北グレーンターミナルなどの工場景観も楽しめるコースです。


日時1月9日(金)、10日(土)、11日(日)各15:30~17:00

集合場所:八戸酒造前待合所(八戸市湊町本町9-1)

参加費:大人2,000円、小学生以下1,000円 3歳以下無料

定員:各日30名

申込期限1月6日(火) までに下記までお申込みください。定員になり次第、締め切りといたします。

申込先:八戸工場大学事務局(まちづくり文化推進室)

FAX 0178-41-2302

Email machi@city.hachinohe.aomori.jp


炎を楽しむトーク&ウォーク 参加無料・申込不要


炎を見る、炎を知る、炎を想像する。ゲストのお話とあわせて、貿易センターからLNGターミナル敷地近くまで炎を見にゲストとともに歩きます。参加無料・申込不要。

with JX 「-162℃の炎の正体。LNGターミナルとは?」

JX日鉱日石エルエヌジー・サービスの社員の方が案内します。-162℃って何の温度?LNGターミナルとフレアスタックのことを知ると、もっと炎が美しく見えるかも!

日時 1月10日(土)13:00-15:00

会場 八戸港貿易センター3階

with 佐藤時啓 「アーティストから見るフレアスタック」

 アーティスト佐藤時啓氏とともに、炎を楽しみます。これまで手がけてきた写真作品やガスタンクを用いたカメラプロジェクトのお話のほか、フレアスタックの炎から着想するアートプロジェクト妄想トークも。

日時 1月11日(日)13:00-15:00

会場 八戸港貿易センター3階

佐藤時啓氏プロフィール長時間露光により風景や物事の間に光を掘り込んでいくような写真作品の制作や、カメラの構造による「公共的な場や空間、装置を各地に展開している。「第6 回ハバナ・ビエンナーレ」(1997)「第9回バングラディッシュビエンナーレ」(1999)ほか多くの国際展に参加。シカゴ美術館(2005)、ナッ シュビル First Center for the Visual Arts (2010)、東京都写真美術館(2014)で個展を開催。

トークイベント「-162℃の炎を見ながら聞きたい音楽!」
(参加無料・申込不要)


八戸工場大学メンバーがフレアスタックとベストマッチな音楽を紹介。音楽を聴きながら-162℃の炎を眺め、至福のひとときをどうぞ。

日時:1月12日(日・祝)12:30~14:00

会場:八戸港貿易センタービル3階


関連企画

写真講座「デジタル一眼でー162℃の炎を撮ろう」

(参加料無料・申込不要)


コツを覚えて、夜景に映えるフレアスタックを撮ろう。講座の後、撮影の実践も。デジタル一眼と三脚をお持ちください。

日時 1月8日(木)18:00-19:30

会場 八戸港貿易センター3階

講師 柳町 幸博(工場大学助手)

定員 20名 




クラフトワークショップ  

(参加無料・申込不要)


 炎を見て楽しむグッズを作ります。

作った後は、屋上タンク庭園や3階のカフェから見える炎をオリジナルグッズで楽しもう!


日時 1月11日(日)10:00-12:00

会場 八戸港貿易センター3階

講師 佐貫 巧(アーティスト)

八戸工場大学とは

八戸工場大学は、八戸の経済を支える地域の工場を、私達市民がもっと誇りに思えるようにと、社会的、文化的な側面から、クリエイティブな視点で理解し、その魅力を発信していくプロジェクトです。

 

主催など


企画運営:八戸工場大学 プロジェクト事務局・八戸市

特別協力:JX日鉱日石エルエヌジー・サービス株式会社

協力:エプソンアトミックス株式会社、東京鐵鋼株式会社、八戸鉱山株式会社

後援:デーリー東北新聞社、東奥日報社、八戸経済新聞社、コミュニティラジオ局BeFM

アドバイザー:菊地拓児

プラン&ナビゲート:菊地拓児

助成:財団法人自治総合センター(宝くじの助成金で実施しています)

アサヒアートフェスティバル2014参加プログラム

特別協賛:アサヒビール株式会社 助成:公益財団法人アサヒビール芸術文化財団

八戸工場大学アートプロジェクト2014フライヤー(PDF)
八戸工場大学アートプロジェクトwith JX 日鉱日石エルエヌジー・サービス「-162℃の炎を見よう」のフライヤーです(PDF)
八戸工場大学アートプロジェクト2014.pdf
PDFファイル 2.9 MB
八戸工場大学アートプロジェクト2014フライヤーその1(JPG)
八戸工場大学アートプロジェクトwith JX 日鉱日石エルエヌジー・サービス「-162℃の炎を見よう」のフライヤーです。その1(JPG)
八戸工場大学アートプロジェクト2014_1.jpg
JPEGファイル 1.2 MB
八戸工場大学アートプロジェクト2014フライヤーその2(JPG)
八戸工場大学アートプロジェクトwith JX 日鉱日石エルエヌジー・サービス「-162℃の炎を見よう」のフライヤーです。その2(JPG)
八戸工場大学アートプロジェクト2014_2.jpg
JPEGファイル 1.7 MB